はははのはの「怪しげな噂」と「安全性」に関する【真実】

はははのはの「怪しげな噂」と「安全性」に関する【真実】

はははのはに関する安全性が議論されることがあります。

 

天然成分由来だから、基本的に危険なはずは無い!と思いますよね・・?

 

 

私もその意見には同意しますが、念のため「安全性」や「怪しいといったうわさ」や「逆に歯が黄ばんだという評判」について、真相に迫りたいと思います。

はははのはの安全性に関して

成分を考察し、怪しげなモノが入っていないか。きちんと確認すれば、少なくとも【安全性】に関しては十分検証可能なのではないでしょうか?

 

 

では、その成分に関して・・・

 

天然由来をメインとした構成になっています。
全成分を、以下「3つに分類」の上、それぞれについて、見ていきたいと思います。

 

  1. ●●エキス、▲▲油、■■汁
  2. 三リン酸5Na(=ポリリン酸ナトリウム)、メタリン酸Na(=メタリン酸ナトリウム)
  3. その他

 

@について

これは、詳しくない人でもどんな成分なのか理解できるのでは?これらは全て天然由来の成分ですね☆

 

 

Aについて

この2つは、ホワイトニング成分です。ホワイトニング歯磨き粉の基本となる有用成分。

 

 

Bについて

こちらは以下5項目に分類できます。

  1. 潤滑剤(グリセリン・BG)
  2. 清涼剤(エタノール、プロテアーゼ)
  3. 矯味剤(グリチルリチン酸2K)
  4. 防腐剤(フェノキシエタノール)
  5. pH調整剤(リン酸Na、リン酸K)

 

この中で、気になるのは上記赤字のCとDです。

 

 


はははのはは、公式HPに「無添加ハミガキ」と記載があります。

 

防腐剤やpH調整剤は無添加ではないので、このあたりが「無添加と矛盾する=安全ではない」という極端な論理に発展しているのでは?と考えています。

 

 

 

 

結論から述べると、C&Dは品質維持のため最低限必要。無くすと品質維持が困難に

 

C防腐剤については、パラベンが有名ですが、パラベンに比べ刺激が低くアレルギーの心配が無いのが「フェノキシエタノール」です。

 

 

DpH調整剤に「リン」が含まれていますが、これは食品にも含まれているもの。過剰摂取しない限り、危険性は極めて低いでしょう(それよりも、ハムやソーセージの方がよっぽどリンが含まれる・・・)

 

 

そもそも「無添加」という言葉に、「含まれていてもOKな成分の定義」がありませんので。

 

 

長くなりました。まとめると
「はははのは」は完全天然成分100%ではないが(当たり前だが)、添加物は最小限に抑えられている。一般的な歯磨き粉よりは、遥かに安全意識が高い製品。

 

 

【参考】フッ素は危険??

はははのはにはフッ素は入っていませんが、一部でフッ素に関して良からぬ不安を煽り立てる記事があるのも事実。

 

結論を述べると、

  1. フッ素は多量に摂取すると有害。
  2. しかし、その論理は「多量に塩分を摂ると有害」という議論と何ら変わりない。
  3. 歯磨き粉に含まれる程度のフッ素では、体に全く何にも起こらない。

 

もっと詳しくは・・
→フッ素入り歯磨き粉は危険ってホントなの?結論ウソでした

 

天然由来成分って、なんだか「効かない」ような気が・・?

誤解の無いように・・・

 

確かに、補助として使われている●●油や、▲▲エキスなどは天然成分です。

 

しかし、ホワイトニングの役割を果たす2成分(ポリリン酸ナトリウム・メタリン酸Na)がきちんと配合されていますから。これらは天然由来ではありません。

この2成分は、他のホワイトニング歯磨きにも頻繁に配合されています。

 

はははのはが「効かない」というのであれば、この2成分は効かないよ?といっているようなもの。

 

 

それはつまり、

世の中のホワイトニング歯磨きは全部駄目ですよ?と同じ意味合いになってしまいます。

 

逆効果で歯が黄ばんだ。について見解はどうなの?

実はこういったケースも実際に考えられます。それは

  • 重度の歯周病にも関わらず、はははのはを使った方

 

 

歯周病の方は、部分的に「シミ」のようなクスミが発生し、黄ばんだような見かけになってしまうケースがあり得ます。まずは治療してからですね・・・☆

↓↓↓

  • 【初回限定】キャンペーン開催中!

>>詳細を確認しにいく<<

リンクが切れている場合、キャンペーン終了です・・・。

page top